歯科と最新技術の関係

歯科での最新技術治療実施

歯科としての最新技術のとらえ方

歯科の医師は、最新技術に関する情報を常に意識しながら治療にあたることが大切になります。これまでに馴染んできた治療方法を、頑なに継続するだけではなく、本当に有効な手段かどうかについて検討を加えていく姿勢が必要です。あくまで、歯科としての治療のやりやすさではなく、患者にとって早期回復を実現させるものであるかどうかの判断に立たなければなりません。もちろん、患者を実験台にして試すのではなく、様々な臨床データから導き出された経緯や結果、効果、治療後の状況などの全てについて検討を加えた上で、実施していくことになります。

医師の間で広まる最新技術

医療技術が日々進歩していっているように、歯科の世界でも着々と最新技術をとりいれていく動きが広まっています。肉眼ではみえづらかった虫歯を治療するためのマイクロスコープは、治療の精確性を高めてくれます。失ってしまった歯の部分に自分の親知らずを移植して噛み合わせを回復させる、歯のリサイクルという技術も知られるようになりました。最近ではCT画像からあらかじめ自分の親知らずのレプリカを作成し、それをもとに行う確率性の高い方法も一部の歯科医師のもとで試みられるようになってきています。これからの最新技術にますます期待感が寄せられるところです。

↑PAGE TOP